函館ハリストス正教会
元町の教会群の一つ、ロシア正教の「函館ハリストス正教会」

函館ハリストス正教会について

元町の教会群の一つ、白い壁に尖った緑色の屋根が目印の函館ハリストス正教会。
ハリストスとはギリシャ語でキリストという意味。
聖堂の正式名称は「主の復活聖堂」で、聖ニコライによって建立されたニコライ堂(東京復活大聖堂)、豊橋の聖使徒福音記者マトフェイ聖堂とともに、国の重要文化財に指定されています。

教会の歴史

教会の歴史は1859年(安政5年)にロシア領事のゴシケヴィッチが領事館内に聖堂を建てたことに始まり、
1907年(明治40年)の函館大火によって聖堂は全焼しました。
1916年(大正5年)にビザンティン建築・ロシア建築の影響を受けた教会が再建されました。 
1988年(昭和63年)に大がかりな修復工事が行われ、現在の姿に至ります。

日本の音風景100選

最初に聖堂ができた頃、5個の鐘を使って楽器のように鳴らしていたところから「ガンガン寺」とも呼ばれるハリストス正教会。
環境省の「残したい日本の音風景100選」に選ばれました。日曜日には人の手によって鳴らされる鐘の音が元町に響きわたります。

函館ハリストス正教会へのアクセス

〒040-0054 北海道函館市元町3−13
電話番号 0138-23-7387

函館ハリストス正教会 公式サイト http://orthodox-hakodate.jp/