函館山
牛が寝そべったような形に見えるので「臥牛山(がぎゅうざん)」とも呼ばれる函館山。






北海道を代表する観光スポット

山であり島である函館山

標高334m、周囲約9km。函館山は函館市街地の西端にある北海道を代表する観光名所です。
約100万年前の海底火山の噴火で隆起と沈下を繰り返してやがて島として出現、函館湾と津軽海峡に挟まれた独特の地形により、約5000年前に渡島半島と陸続きの陸繋島(りくけいとう)になったと考えられています。
函館山からの昼間の風景
陸繋島とは砂州によって、大陸や大きな島と陸続きになった島のことです。

13の山で「函館山」

一番高いロープウェイの発着場所の山が御殿山(334m)、その他に薬師山(252m)、つつじ山(306m)、汐見山(206m)、八幡山(295m)、水元山(280m)、鞍掛山(113m)、地蔵山(286m)、入江山(291m)、エゾダテ山(129m)、観音山(265m)、牛の背山(288m)、千畳敷(250m)といった、13の山々の総称が「函館山」です。

函館山からの夜景

世界三大夜景

函館山からの夜景
香港、ナポリとともに「世界三大夜景」のひとつと呼ばれる函館の夜景。
(長崎の稲佐山、神戸の摩耶山掬星台とともに「日本三大夜景」とも)
夜景は本当に綺麗です。

函館夜景ハート伝説

夜景の中に「ハート」や「スキ」の文字をという文字を見つけると幸せになれるという伝説があるそうです。ロマンチックだね。

戦争遺跡としての函館山

2001年、「函館山と砲台跡」として北海道遺産に選定された函館山は、その地形から山全体が要塞となった歴史的に重要な場所です。

箱館戦争終盤の要所

明治2年(1868年)、薩長を中心に明治政府を樹立した新政府軍と、
旧幕府派および奥羽越列藩同盟が戦った戊辰戦争が始まります。
その終盤、舞台は北上し箱館戦争と呼ばれる戦いへと移っていきます。
函館山は、五稜郭と並ぶ箱館戦争終盤の要所でした。
結果、新選組の生き残り土方歳三は戦死し、榎本武揚らは降伏し戊辰戦争は新政府軍の勝利で終結しました。
明治8年(1875)年に函館山の中腹には「碧血碑」という箱館戦争戦死者を弔う旧幕府軍側の墓が建てられました。

旧日本軍要塞の跡

1898年から要塞建設が始まり1946年の第二次世界大戦終結までの間は山全体が軍事機密となり、
一般人の入山は禁止され、写真撮影、スケッチ、函館山に関する会話さえも厳しく制限され、地図からは函館山が消えてしまいました。

函館山の現在の標高は334メートル。でも元々の標高は348メートルだったそうです。旧日本軍が山を削って要塞を造ったので14メートル低くなったんですって。

守られた自然

現在の函館山は、多種多様な動植物が共存する緑豊かな姿を見せてくれています。
太平洋戦争が終わるまでの47年、約半世紀の間、一般人の立ち入りが禁止されてきたため、函館山の自然が守られ森林保全が進んだという側面もあるようです。

アクセス

住所 〒040-0000 北海道函館市函館山

車・レンタカー

冬期は全面通行止なので注意が必要

ロープウェイ

運賃 大人(中学生以上)往復1280円(片道780円)/小人往復640円(片道390円)
公式サイト http://334.co.jp/

徒歩

一般的な旧山道ルートで約2.8kmの道のりを1時間程度歩くと御殿山山頂に到着






編集室編集室

ペットだめなところもあるよー