カトリック元町教会
函館元町を代表する3教会の一つ、日本で唯一ローマ法王から贈られた祭壇があるカトリック元町教会。






カトリック元町教会の歴史

徳川幕府が発布していたキリシタン追放令以降のキリスト教宣教再開の象徴として、横浜の山手と長崎の大浦にあるカトリック教会と並び、国内では最も古い歴史を持つゴシック建築を用いた教会です。

1859年(安政6年)にフランス人宣教師メルメ・デ・カション氏が箱館入り、外国語を教える一方、自らは日本語とアイヌ語を学び、布教活動に努めました。このメルメ・デ・カションという人物は日本語が堪能で、幕府とフランスの関係強化に大きな役割を果たした人物とされています。
1868年(明治元年)に司祭ムニクー氏とアンブルステル氏が仮聖堂を設けました。
1877年(明治10年)に司祭マレン氏が最初の木造の聖堂を創建しました。
この木造の聖堂は1907年(明治40年)の大火で全焼し、レンガ造りに再建されたものの1921(大正10年)の大火で被害に遭いました。
この大火で焼け残ったレンガ壁の上にモルタルを塗り補修され、高さ33mの大鐘楼が増築。1924年(大正13年)に現在の建物が完成しました。
大聖堂内の豪華な祭壇はローマ法王ベネディクト15世から贈られたもの。聖堂裏には、「ルルドの洞窟」があり聖母マリア像がまつられています。

アクセス

〒040-0054 北海道函館市元町15-30
電話番号 0138-22-6877